【NY予習編1】ミュージカルの予習 その1 アラジン

今年のミュージカルは4本を予定している。

それぞれのご紹介と予習方法についてご紹介する。
まずは2014年に当日券が8万円であったためオリジナルキャストを諦めた「アラジン」のリベンジマッチ in 2017。

ディズニー作品の神とも言える作曲家アラン・メンケン様の信者である筆者と、とにかく派手でわかりやすいミュージカルを観たい同行者3名のメリットが一致し、ニューヨーク到着当日にすぐに劇場に駆け込むことが決まった。

(アイキャッチ写真はPlayBillより引用

実際の観劇記録はこちら!

ミュージカル「アラジン」感想@ニューアムステルダムシアター

2017.11.11

ミュージカル「アラジン」

Aladdin
2014年3月〜
New Amsterdam Theatre
トニー賞助演男優賞(ジーニー役)

公式サイトの写真&動画ページ

作品賞の他、2014年トニー賞に5部門ノミネートされたミュージカルアラジン。劇団ディズニー四季が速攻で輸入を決め、2015年5月より日本語でのプロダクションも見られるようになったのは記憶に新しい。

上記動画参照いただきたいのだが、アラジン役は今年2017年の6月にTelly Leungになっている、が、え、どうしよ(どうもしない)、いきなりストライクすぎる・・・

塩顔&美声のマリアージュで筆者のトキメキが止まらんのですが・・・!

アジア系のお方っぽいけど、原作アラビアンナイトのアラジンの舞台は中国なので意外としっくり来る人選だな。

日本で事前予習!

予習方法
・映画「アラジン」をもう一度観る
・ブロードウェイ版のサウンドトラックを聞く
・劇団四季版のサウンドトラックでミュージカル新作曲の歌詞を予習
・YouTubeでのメインどころの歌の予習

もはやほとんどのナンバー歌えるしなんだったら、先週もカラオケで歌って来たし予習する必要ないのでは・・・?という、そこはかとない疑問は置いておいて、日夜予習にいそしむ。

映画とサウンドトラックでの予習

映画で予習できる作品は、1時間半程度であらすじを押さえられるため予習がしやすい。

また、サウンドトラックを聞き込むことで、当日「おし、この曲がきたー!」的な感じで初見ストレスを軽減できるので、余裕があれば曲の予習もオススメする。

Appleのアカウントがある方は、月額980円のApple musicをイチオシしたい。劇団四季のほとんどの作品、ブロードウェイのかなりのサントラが登録されているのでミュージカル好きなら登録して損は無いはず。


上記の通り、端末へのダウンロードもできるので快適。

これであなたも、通勤や暇時間をドラマチックな主人公で過ごせるはず。(筆者は朝の通勤時間はおおむねうっとりしている。)

余談だが、映画アラジンの歌の吹き替えは石井一孝(アラジン)と麻生かほ里(ジャスミン)、山寺宏一(ジーニー)。映画版の歌詞と劇団四季版とは訳詩が異なり、劇場版の訳詞の方がより主人公たちの自立に重きを置いたような歌詞になっている。例えば、ホールニューワールドの訳詞は映画版では「おおぞら〜」だがミュージカル版では「じゆうさ〜」。

もちろん、筆者は英語、映画吹替版、ミュージカル吹替版、すべて歌える。

アラジンのミュージカル版と映画版の違い

お母さんに誇れる男になりたい少年アラジンと、父に従い自由の無い生活に飽いている姫ジャスミンというキャラが掘り下げられており、主人公2人のナンバーがそれぞれ追加されている。

単なるボーイミーツガールにとどまらず、それぞれが生きたい人生を求めて奮闘する過程が描かれている。

特に2人の出会いの曲である「Millions Mile Away」は筆者お気に入りの曲。メンケン信者としては、新曲というだけでも幸せなのにね。

また、アラジンの相棒の白い猿アブーは3人の盗人の友人に、ジャファーの手下のイアーゴは人間へとそれぞれ大人の事情で人間の登場人物が増えているぞ。

YouTubeでのメインナンバー予習

トニー賞授賞式を始め、ブロードウェイ作品は東宝や宝塚、四季などの国内作品に比べて動画掲載が緩いのが特徴。

筆者が日夜ハードリピートしている動画をご紹介する。

一番の有名曲フレンド・ライク・ミー


トニー賞授賞式でも上演された、派手派手ナンバー。

2幕最初の曲プリンス・アリ


35名のアンサンブルが死ぬほど着替えて、パレードを表現するナンバー。

オープニング曲アラビアン・ナイト


映画だと商人のおじさんが適当に歌うが、ミュージカルではジーニーが歌うナンバーへ変更されている。
なおサビは英語だと「アラビアンナイト、アラビアンヌーン(アラビアの夜と昼)」となっているが、日本語だと「アラビアンナイト」を2回繰り返す形になっている。

同じ曲の映画版はこちら

フレンド・ライク・ミー

プリンス・アリ

アラビアン・ナイト

実際の観劇記録はこちら!

ミュージカル「アラジン」感想@ニューアムステルダムシアター

2017.11.11