【ウィーン1】結構歩くのが大変な街ウィーンと王宮

どもども。新年初の投稿のケイです。あっという間におやすみは終わってしまう。今年も懲りずにブログを更新できればと思っている。まずは、プラハ・ウィーン旅行記を完結させたい。

プラハ編が完結してやっとウィーンに入った今年8月末のウィーン旅行記です。1回目はウィーンで1番衝撃だった、大きさと都会加減についてお伝えしたい。ウィーンはシティだったぜ!

▽ウィーン・プラハ旅行記の記事一覧はこちら

オーストリアの首都ウィーン

中欧の至宝、オーストリアの首都ウィーン!筆者は移動日の午後を含めて、3泊3日の旅程だったが、全然時間が足りなかった。

上記の地図は、有楽町、NYCのブロードウェイ、ウィーン、プラハの地図を横並びに置いたものだ。縮尺が同じなのだが、ウィーンの王宮のデカさが伝わるだろうか?軽く銀座くらいあるのだ

プラハの10倍くらいの体感

プラハは半日あれば概ね歩き回れる距離だった。プラハの体感としては、銀座エリアくらいだ。東銀座の歌舞伎座〜数寄屋橋交差点のマリオンの徒歩10分以内で端についてしまうような感じだ。

同じテーマパークシティのノリでウィーンに行ったのだが、あれ?歩いても歩いても、全然征服できた感じしないんですが・・・

1区画が大きすぎぃ!

この距離感が伝わるだろうか?基本的に王宮サイズのウィーンは都会だった。プラハに比べて、シティー!!という感じがしたのだ。建物が大きくて、作りも頑強で、壁などの塗装もしっかりしていた。

サイズが大きめなのに加えて、問題なのは蜘蛛の巣のようになった道だ。1区画がすこぶる長いのである。1区画で50メートルもざらだ。

直線距離ではすぐそこのお店に行くにも、大回りをして歩いていかねばならないのだ。
慣れない街で歩き回って、初日の夕方はどこにもいかないうちにヘトヘトになってしまった。

区画の中には中庭がある


ちなみに、この長い区画全てに建物が詰まっているわけではない。外壁の中は、基本的には空洞になっている。

住居だと駐車場などのスペースとして活用しているようだ。

お店やホテルだったりすると、この中庭が解放されていることがある。

世界観フェチとしてはこういう中庭の入り口とかに、胸のトキメキを抑えきれないのだ。飛行機ではるばる来ながら、はぁはぁしながら中庭の写真を撮る三十路。旅行はこういう気ままな町歩きが楽しいよね。

私は魔女のキキ、こちらは屋根がついた中庭

街自体が古いので、エレベーターなどは後付けも多そう。

ホーフブルグ(王宮)の広大な敷地

もう一つの要因はホーフブルグだ。かつて、マリア・テレジアやエリザベートが暮らした居室がある王宮。とにかくこれが大きいのだ。

上記写真が、市内中心地につながる裏口なのだが、銅像から玄関の門までがまず遠い。1回目は壮観できゃっきゃするのだが、観光しているとここをしばしば通るので感動が薄れる。度々通って横切ることになる。もういいっす、徒歩の庶民は辛いっすとなった。

王宮の抜け道をマスターする

ガイドにも載っていたが、この紫色の王宮を突っ切るルートをマスターすると早くなる。

筆者のホテルはオペラ座方面だったので、中庭を突っ切ることで気持ちタイムが縮まった。黄色がもしこの中庭を突っ切れなければのルートだ。

地図の米印のところから撮影した写真だ。
横断できる扉は夕方に閉められてしまったので、注意が必要だ。
もちろんこの抜け道ルートも胸キュンしたのは言うまでもない。もうずっと抜け道を行ったり来たりしていたかった。ツアーだと味わえないのが、このぶらぶら歩きの風景だろう。

基本的には歩き

中心地に便利な地下鉄がないので、原則歩きになる。これがニューヨークのマンハッタンとの大きな違いだと感じた。観光地に自力で行くしかないのだ。体力=観光量なのだ。
また住民の方針なのか、馬車はあってもUberやタクシーはあまり走っていなかった

石畳なのもあり足へのダメージが大きいので、スニーカーが必須だ。

絵になる街

ウィーンの悪口みたいになってしまったので、最後に1言だけ。写真を見ていただければ一目瞭然だが、どこを撮っても絵になる。3秒で撮影してもキマるのだ。伝統的な建物が並び、歩くだけでトキメキが止まらなかった

3秒で撮りすぎて、路駐が写った写真。路駐でも絵になる気がする。

▽次の記事はこちら

▽前回の記事はこちら

【プラハ7】プラハの劇場とコンサートホールの一覧

2018-09-30

▽最初はこちら

【プラハ1】テーマパークのような街プラハ

2018-09-27

▽ウィーンの劇場についてはこちらこちら

【ウィーン・プラハ1】オペラでたどるウィーンの歌劇場

2018-08-19

【ウィーン・プラハ2】ミュージカルでたどるウィーンの劇場

2018-08-19